紅茶シフォンケーキ

f0084492_165636.jpg

 紅茶缶、買ってもなかなか減りません。でも、なくなると「何ぞのときに」とまた買ってしまうんです。紅茶缶って、優雅なティータイムを想像させる不思議な魅力があるんです!!

で、そのお茶っ葉べらしのために、シフォンケーキなんぞ、作ってみました。しっかり卵白を泡立てて・・オーブンで、どれくらい高く膨れるか何度も汚れたガラス窓から覗き込みました。絶対に途中で開けてはいけない・・らしいです。
 焼きあがる10分前ごろにはシフォン型から盛り上がるくらい膨らんでいたのに、それ以降だんだんしぼんできました。なぜ? 

 お味のほうは・・・軽くて甘味も少なく、生クリームをつけてちょうどいいくらいです。(生クリームは来客時のみで、普段はたぶん、なしです・・笑)。

 シフォンケーキ型についていたレシピの、水を紅茶に変えて、紅茶の葉っぱを大匙2くらい小麦粉に混ぜて作りました。



 7月31日の夕刻に見かけたのを最後に、緑の芋虫がいなくなりました。体長10センチくらいになっていたのでもしかしたらさなぎになったのかも。必死に探したけど、見つかりませんでした。
でも、もう探すのをやめました。Wikipediaで検索したら、どうも、大型でお尻に一本角があるのは「ガ」の幼虫らしいのです・・・・・・・。

 さなぎになった幼虫は元気です。(動かないので元気かどうかはわかりませんが、とにかく無事でぶら下がっています。)
[PR]

by thousand-spring | 2007-08-01 16:05 | スィーツ  

<< ジーパンの裾で・・・コサージュ いもむしのかんさつ >>