日本画「ホタルブクロ」 と きな粉あめ

 夏の間に商品に取り組みました。
 
f0084492_9534678.jpg
0号サイズで並べて飾ってもくどくならないようにあっさりと仕上げました。




f0084492_1025289.jpg



 黒ごまきな粉と砂糖と水だけでつくった柔らかい飴です。

 作り方はカンタン!!

 ・・・・・別冊すてきな奥さん「うち和菓子」より・・・・・

 きな粉100グラム(私は黒ごまきな粉が好みなのでそちらを良く使います。)
 砂糖 100グラム
 水  大さじ4
 打ち粉用のきな粉


 1. 水と砂糖を鍋に入れ、弱火で砂糖を溶かし、全体が泡立ち始めたら火からはずし、4~5分、冷ます。
 2. 泡が消えたらきな粉を全部加えて木べらで混ぜる。耳たぶより少し柔らかめ。
 3. きな粉(分量外)のきな粉をふったまな板の上に出し、4等分して長い棒状のものを作る。
 4. 一本の生地を10等分に切る。全部で40個の飴ができる。
Commented by toyokoID at 2010-09-10 22:29
いいですね~、ほんのりと心静めてくれそうな日本画。これはもしかしたら、お口の中で溶けていくあの飴でしょうか、好きい、美味しそう♪作り方もシンプルなんですね。いつも思うんですが、この耳たぶより柔らかめって表現、いったい誰が考えたんだろう?♪
Commented by nageire-fushe at 2010-09-11 09:25
シンプルな絵画と飴。
夏らしい姿ですね。
絵の落款の位置もすごくポイントに
なっていて素敵ですね。
Commented by thousand-spring at 2010-09-11 12:52
★toyokoさん、ありがとうございます。残念ながら口の中で溶けません。きな粉の粉っぽさと黒ゴマのざらざら感丸分かりです(笑)でもすごく素朴な懐かしい感じがします。耳たぶはちぎれないけどお菓子の生地はちぎれるので耳たぶより云々と言われてもイマイチよくわからない私です。
Commented by thousand-spring at 2010-09-11 12:54
★nageire-fusheさん、ありがとうございます。今はウツギの花を同じように描いています。落款の位置はすごく迷いましたが、思い切って遊んでみました。
Commented by narinya at 2010-09-14 22:17
素敵な絵ですね。
この夏の異常な暑さもぶっ飛びそうな爽やかな風が吹くようです~。
印の位置がホント絶妙ですね。
そこにおした決定的な理由なんてあったのですか?
アメおいしそうだ。。。
Commented by thousand-spring at 2010-09-16 21:10
★narinyaさん、ありがとうございます。印は普通は花の後ろ側、つまりここでは左隅だと思うのですが、なんだか窮屈な感じがしたので、じゃあ右側?と問うとそれも空間がありすぎて押す勇気がなかったのです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by thousand-spring | 2010-09-10 09:55 | 日本画 | Comments(6)

陶芸、絵、洋裁、お菓子などなど手作り全般の作品と日々感じたこと


by thousand-spring
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る