<   2011年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

crocheting in U.S.A.

 ネットで買った"99 little doilies" 日本のレース編みとちょっと雰囲気が違って面白いです。レース編み自体old-fashionedなので、この手の本は手芸店にもほとんどありません。

f0084492_04588.jpg


 編み方は全部言葉での説明のみで、編み図は一切なし。でも、なぜか読めちゃうのだー。「好きこそものの上手なれ」とはこのことなり!!
 写真と説明を見比べながら編むのは楽しいです。
f0084492_0475793.jpg


 下の写真のような盛り上がったものは日本の本にはなかったので新鮮。
f0084492_0495068.jpg


 日本から持ってきた本のものと組み合わせて、オーナメントに仕上げました。目標はNorthvilleの Farmers Marketに出店すること。今からコツコツ作りためて、去年のblanc marche  ブラン・マルシェみたいなのやりたいな。あんまりアメリカ人の好みじゃないかもしれないけど、だからこそ マイワールドで。
[PR]

by thousand-spring | 2011-08-26 00:58 | Novi生活  

Pot Luck Party

 お友達に誘われてPot luckに参加。
 ドイツ人の家族のお宅です。
 プールパーティで、泳ぎたい人は水着持参とのことでしたが、持参せず、プールサイドでeat and talk
f0084492_1119932.jpg

[PR]

by thousand-spring | 2011-08-21 11:19 | Novi生活  

Northern Michigan 

 二日目はマキナック・ブリッジを渡ってアメリカとカナダの国境の町Sault.Ste.Marieへ。
f0084492_2031186.jpg


途中、Catsle Rockの展望台に上って一休み。NCのChimny Rockのちっちゃい版みたいです。
f0084492_20351928.jpg


高速道路わきは森か、トウモロコシ畑か、大豆畑。たまにこういう風景。一般道のほうが、家々の形を見れて楽しいです。
f0084492_20375528.jpg



国境の運河を挟んで、Sault.Ste.Marieという同じ名前の町が向かい合ってます。水位を調整して大きな船を通す水門があって、見学もできるのですが、そこにはいかず、ダウンタウンをぶらぶらしたのでいい写真がありません。中心部は再開発のためか、大規模な工事中でした。

で、国境のInternational Bridgeを渡ってカナダ側のSault.Ste.Marieに入り、ホテルで一泊。こちらのダウンタウンもさびれた感じでした。大きなモールができると街中心部の小売店は太刀打ちできなくなってしまうのは、どこでもおんなじですね。

f0084492_20532074.jpg

国境の橋。向こう側がアメリカ。手前がカナダ。向かって右側にずーっと進むと、スペリオル湖に出ます。左側に行くと、運河を通ってヒューロン湖に出ます。といってもかなりの距離の航海ですけど。






3日目は早々にカナダから引き揚げて、ミシガンに帰り、トラバースシティというこれも湖畔の風光明媚な町へ。
橋を渡ってアメリカに入るときは、かなり検問が厳しかったです。勤務先の会社名とか、お土産に何買ったかとか、トランクの中までチェックされました。前日カナダに入る際の検問はそんなことなかったけど。

トラバースシティはダウンタウンがおしゃれで、いいお店がたくさんありました。歩き回ってたので、残念ながら写真はありません。娘ときたらきっとショッピング楽しいだろうなというような街です。アンティークショップも何件かあります。

少し足を延ばして、ミシガン湖のSleeping Bear Duneという砂丘に行ってみました。
f0084492_2153237.jpg

鳥取砂丘みたい。上に上ったらきっとミシガン湖がばーっと見えるんだろうなと頑張ってのぼって・・
f0084492_2191678.jpg

はるかかなたにちょこっとだけ湖面。
後45分歩かないと湖畔の景色のいいところに出れないといわれて、あきらめました。鳥取砂丘は砂の山を一山超えたらすぐ日本海だけど、やっぱりスケールが違いました。

これで、2泊3日の旅は終わり。日常が戻ってきました。
[PR]

by thousand-spring | 2011-08-16 21:14 | Novi生活  

Northern Michigan 

 2泊3日で北ミシガンに旅行してきました。

f0084492_23545693.jpg
 

1日目 は Noviから車で約4時間のMackinaw Cityからフェリーで30分 Mackinac Islandへわたり、島で一泊。 島へは車は乗り入れ禁止なので、荷物を預けてフェリーに乗り込みます。荷物はホテル名を言っておけば宿泊先まで運んでくれる仕組み。

この橋は、ミシガン半島とウィスコンシン半島をつなぐマキナック・ブリッジ。橋の奥がミシガン湖、手前がヒューロン湖。マキナック・アイランドは自転車で回っても2時間くらいの小さな島ですが、映画の舞台にもなったとてもきれいな島です。とても内陸とは思えない海のような景色。でも、潮風みたいにべたべたしていなくてさわやかな風です。


f0084492_054850.jpg


島に上陸すると観光客がわんさか…で、馬車がぱっかぱっかにぎやかな音を立てて通りを行きかってます。ついでに馬の○○○のにおいも…。掃除して回るのを仕事にしている人がたくさんいましたが、やっぱりくちゃいでちゅ。
港の周辺にホテルやお店が集まっていて、あとは島をぐるりと回る道とゴルフなどの施設があるみたい。ほんと、リゾートアイランドって感じ。

私たちが泊まったホテル(B&B)は
f0084492_01239100.jpg

ここに予約したつもりだったんだけど、多分予約が遅かったからか、50メートルくらい歩いた離れ?みたいなところでした。でも、まあ寝るだけだからいいけど・・。

で、さっそく自転車を借りて島を一周。水が本当に透き通っていて、エメラルドグリーンから濃いブルーまでのグラディェーションになってて心が洗われるよう。Beachで海水浴ならぬ湖水浴してるかぞくやカップルをたくさん見かけました。ファミリーで来てる人はお父さんが自転車にバギーを付けて引っ張ってて大変だけどとても楽しそうでした。
f0084492_0211533.jpg


でも、もう水は冷たそう・・吹く風は秋の気配。

湖なのに水平線が見えるなんて・・!

f0084492_0405167.jpg

 Arch Rock こういう奇岩が名所になるのは世界共通。帝釈峡の雄橋とか、鳥羽の夫婦岩とか・・思い起こさせます。上に上っている人もいましたが、私たちは下から眺めるだけで満足。

f0084492_045373.jpg

 映画の舞台になったというグランドホテル。昼間は10ドル払えば中を見ることができるというので、払って二階のテラスで冷たいもの(すごく高かった・・・)を飲んで一休み。ガーデンもきれいでしたが、その映画自体の知識があったらもっと楽しめたかも・・。


f0084492_0533444.jpg

ちょっと仲のよろしいところをお披露目。 

イタリアンで夕食の後も散歩。夜の8時半ごろになってやっと日暮れる北ミシガン。
f0084492_0371018.jpg


2日目はマキナック・ブリッジと国境の橋を渡ってカナダにちょっとだけ入ります。続きは次回。







 
[PR]

by thousand-spring | 2011-08-15 00:28 | Novi生活  

プチ自慢 娘のリメイク作品 トートバッグ

 京都に住む娘、最近は刺繍に魅力を感じているみたい。
 オープンキャンパスでもらったトートバッグをリメイクしたものです。

 before

f0084492_22291675.jpg


中ほどをカットして形を変更。

 after
f0084492_22303532.jpg


鳥は「パリジェンヌのアトリエ」という本の中にちっちゃく写っていた写真を参考にしたらしい。
鳥と木としずく、青色大好きな娘の favorites 満載です!!

f0084492_2231555.jpg

[PR]

by thousand-spring | 2011-08-10 22:31 | リメイク・ソーイング  

Kim’s English class

f0084492_22134844.jpg


 個人のお宅で英会話のレッスン。
 先生は名古屋に2年、横浜に2年すんだことのある日本大好きの方です。クッションに座ってリラックスしてのクラスはとても快適。テーブルに古い日本の帯を敷いたり、壁にははんてんが飾ってあったり・・素敵なあしらいをされています。
 お子さんはちゃんとベビーシッターの女の子が地下室のプレイルームで相手をしてくれるので安心してレッスンを受けられます。

 間違いだらけの英語でもちゃんと聞いてくれて、日常生活の疑問点も何でも質問できます。
[PR]

by thousand-spring | 2011-08-10 22:21 | Novi生活  

Frankenmuth   一年中クリスマス

 車で1時間くらい北の方に Frankenmuthという、いわゆる「ドイツ村」みたいなのがあって、目的はその近くの大きなアウトレットモールだったのですが、帰りにちょっとだけ足を延ばして寄ってみました。
f0084492_22272112.jpg


 ドイツ系の人たちが多く住んでいる地域だそうです。あんまり時間がなくてこのお店しか入ってないんだけど、
年中クリスマスグッズや、ハロウィングッズを売ってるみたい。屋外にもバイエルン地方の雰囲気のある建物や施設があるようで、子供がいたら喜びそうな感じ。
 
 
[PR]

by thousand-spring | 2011-08-08 22:32 | Novi生活