<   2006年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

キウイフルーツ

f0084492_2103321.jpg


 夏らしいかなと思ってUPしましたが、キウイの旬ていつでしょうか?年から年中スーパーにあるので良くわかりません。友達の家では葡萄のように棚作りにしてありますが、実がなっているところは見たことがないのです。

 バックは黒色を塗った上にアルミ箔(キッチン用じゃないですよ。絵画用のすごく薄くて鼻息でも飛んでしまうようなやつです。)を貼り、くちゅくちゅに丸めて開いたものです。「揉み紙」と言う手法です。
 実際のキウイより大きめに描いています。が、絵のサイズは「サムホール」と言って22センチ×15センチほどの小品です。

 

 
[PR]

by thousand-spring | 2006-07-31 21:10 | 日本画  

マイカップ

f0084492_1034761.jpg

 ビールの泡が細かく出るように内側は焼き締め、外側にマット釉をかけてふき取ったのですが、ふき取りすぎて焼き締めと変わらなくなってしまいました。ところどころにグレーが残っているのが、マット釉です。
 結構大きいので、グビグビいけそうです。
 
 二つと同じ作品が出来ないので、一点ものはだいたいマイカップになります。なので、マイカップがゴロゴロしています。

アゲハ
[PR]

by thousand-spring | 2006-07-28 10:23 | 陶芸・土器  

終わった。

 西三河大会一回戦、対一色中。名電が狙っているという左腕剛速球投手を擁する優勝候補校、一度練習試合が雨で流れてしまったこともあって、相手に不足はない。
 朝、勝っても負けても悔いはないよ! ボクは3年間真剣にやってきたし、自分なりに満足のいく成績も残せたから、と言って出て行った。
 3点取られて負けたけど、涙はなかった。最後のヒットは「明日につながる会心の当たり」だったそうだ。さあ、どう明日につなげてくれるのか、見せてもらおうじゃないか!
 お疲れ! 
 
f0084492_21292552.jpg
f0084492_21302490.jpg

f0084492_2131246.jpg

[PR]

by thousand-spring | 2006-07-25 21:46 | 家族  

端切れでキルトマット

f0084492_10423558.jpg

 前にブルー系の玄関マットを作った勢いでまたまた作りました。左右にある水色にバラとウサギの布は、娘が使わなくなったタオルハンカチ。使い古しているのでこんなの捨てても良かったんだけど、引っ越すときにピアノの先生にいただいたものなので、記念にと思って入れました。
 ログキャビンとナインパッチ(kazueさんに呼び名を教えていただきました。)の、「ばかの二つ覚え」です。
 洗面台の下に置いてみたのですが、床が汚れていて見栄えがしないので掃除しなきゃいけません。

ノウゼンカズラ
[PR]

by thousand-spring | 2006-07-23 10:50 | リメイク・ソーイング  

大相撲名古屋場所・観戦

 初めて大相撲を見に行きました。野球のみならず、無類の大相撲ファンでもある夫と。
 
f0084492_23422287.jpg

 12時ごろから入ったのでまだがらがらの状態です。朝の八時半から入れるらしく、取り組みは9時から延々とやっていると知って、びっくりしました。地下鉄の駅で何人かのお相撲さんとすれ違いましたが、下っ端の人は部屋から愛知県体育館まで自分で通ってるんですね。
 私は名古屋の中心部、栄あたりで街ぶらしてから行きたかったのだけど、お弁当付のチケットだったのでお昼から入ってしまいました。でも、席はゆったりしていて靴脱いでくつろげるし、涼しいので快適でした。TVで、扇子で扇いでいる人がたくさんいるのを見ていたので空調が弱いのかと思っていたら、涼しすぎるくらいでした。それでも扇いでいる人はたくさんいましたが・・
 行司さんの衣装がだんだんグレードアップしていくのを見るのが楽しかったです。最初は丁稚スタイルで裸足、途中から袴に白足袋、帽子(?)の紐も軍配もゴージャスになります。それと、中盤から呼び出しも行司も二番ずつでコロコロ変わるのには驚きでした。
 幕内力士の土俵入りは見ごたえありました。露鵬の化粧回しは、電飾が施されてちかちかしてました。琴欧州は他の力士たちより頭一つ抜きん出ていて大きかったです。身長203センチだそうです。把瑠都も金髪にまわしが似合って、みずみずしい感じでした。
 モンゴル出身の力士の多いこと!そのうちモンゴル巡業とかモンゴル場所とか出来るんではないかと思いました。モンゴルのお相撲さんはみんな大きいけどブヨブヨしてなくて取り組みもスピード感がありました。
 
f0084492_025320.jpg

 朝青龍対琴欧州、結びの一番にしてはちょっとつまんなかったです。12時から見ていても、大拍手を受けた取り組みは数えるほどでした。座布団も飛びませんでした。
 高いお金を払っても、5時ごろからやってくるお客さんは、すごいですねー。盛り上がらない取り組みばかりだったらもったいないですよ!私たち12時から入ってよかった。桟敷席の中では一番安いところでしたが、十分堪能しました。
 そばでいちいち解説してくれる人がいたので、ちょっと知識が増えました。子供の頃、子守役のひいばあちゃんが夕方になるとTVにかじりついてかまってくれなかったのであまり良いイメージはなかったのですが、認識を新たにしました。

 相撲の取り組みとは関係のない、取り留めのない感想でした。
 
[PR]

by thousand-spring | 2006-07-21 00:23 | 行楽  

またまたまた準優勝・西三大会へ

 15日、16日と中学の野球の大会がありました。3年生にとっては最後の大会。お父さんもこれに合わせてアメリカから無理やり帰国。応援にも力が入りました。
 2日間、とっても充実してました。息子たち、楽しませてくれてありがとう!!
 春休み、ゴールデンウィーク、今回と同じ相手に決勝戦で負けるという、悔しい結果でしたが、上位2チームが西三河大会に進めるので、まだ、終わったわけではありません。最後の夏、勝っても負けても悔いのないよう、最高の自分を出してください。

f0084492_1051068.jpg

 二回戦の力投の様子。写真をクリックするとアップで見れます。(画素数が少ないので画像はあまりよくありませんが)
[PR]

by thousand-spring | 2006-07-17 10:56 | 家族  

リモコン探し

 夏場しか使わないエアコンのコントローラー、毎年その時期になると探している。
 先週、娘が部活でいろんなところを擦りむいてしまい、学校を休むことになった。傷が悪化するといけないので、白昼堂々とクーラー(といってもドライ機能)をつけることにした。例年なら梅雨明けまでは我慢するのだけど、思いがけず早まったので、リモコンをまだ出していない。
 「そうだ、リモコンリモコン」と言いながら、去年ここに収めたはず、の引き出しを開けてみる。あれー、ないよー、おかしーなー。と下の段も探すけど、見当たらない。「しまったー。またやってしもーた。だから決まった場所にしまおうと決めたのに・・・」
 引き出しという引き出しは全部捜した。最初の引き出しは3回も4回も見た。おかげで、もともと整理のついてない中身がさらにぐちゃぐちゃになる。本棚も鏡台も小物を入れてる食器棚の引き出しも、玄関の道具箱も・・・イライラ・・・。ガチャガチャ・・・。いったいどれくらいの時間探し回ったことか。
「母さん、毎年さがすよねー。」と娘。・・・「うるさいっ」

 少し休もう。ふー。

 暑さを我慢しながら他のことをして時間を空けて1から探す。また、ここに収めたはずの、
電気系統のこまごまが入っている引き出しから。もうどうなってもいいから片っ端から一個ずつ手にとって見た。
 
 あったー!!!! リモコンのヤツ、裏返しになってやがったー!
 だから気がつかなかったんだ。
 白くて、ボタンがあって液晶画面があって・・・というのを頭に描いてたから。裏はねずみ色のただの長方形だった。
 思い込みってすごいねー。ホントに何回も何回も探したんだよー。つかれた。

 おかげで娘の傷も小さくなり学校にも今週から行きはじめた。でも、エアコンに慣れてしまった私は、もったいないと思いながらも、一人、「・・・やっぱつーけよっと!」 ピッとつけて窓全部閉め回って、昼間っから快適空間でブログなんかしている次第であります。

抹茶オーレ
[PR]

by thousand-spring | 2006-07-12 16:41 | その他  

カサブランカ

f0084492_10175182.jpg

 2年前に描いたものです。
 デッサンは、最初に当たりをつけて書き込んでいく普通の方法ではなく、花の中心からとがったエンピツでスケッチを広げていく方法。日本画家の中島千波さんが以前「趣味悠々」で紹介されていたやり方です。観察しながら描いていくと、花の構造がだんだんわかってきて面白いです。
 彩色は陰と葉っぱ、茎の部分に薄墨をさした後、水干絵の具で。花粉のところだけ、岩絵の具で盛り上げています。
 
[PR]

by thousand-spring | 2006-07-10 10:27 | 日本画  

初めての大皿

f0084492_21141473.jpg

 大皿と言っても、直径23cm。私の今までのろくろ作品の中では一番大きいです。ホントはもっと平べったいおかず皿を作りたかったのですが、こうなってしまいました。皿じゃなくて「大鉢」ですね。
 白土に透明釉で、還元焼成。
 そばチョコに絵付けしていて、ゴスが飛んでしまったところが、ぷつぷつ模様になってしまいましたが、言わなければわからないかなと・・・おっと、言ってしまいました・・・。

オオムラサキ
[PR]

by thousand-spring | 2006-07-07 21:45 | 陶芸・土器  

Tシャツの柄で・・

f0084492_213315.jpg

 前身ごろに大きな蝶が飛んでいるお気に入りのTシャツ、2年間着続けて、さすがに首周りがノビノビになってしまいました。羽の部分にストーンが入ってキラキラ、もったいないので、切ってバッグの柄に使ってみました。
 近くの手芸屋さんに商品としてぶら下がっていたトートバッグを、穴が開くほど見て、帆布1メートル分だけ購入。後の材料は家にあるものを利用。持手は以前オーバーパンツにリメイクしたジーンズの足の部分、バイアステープも少しずつ残っていたものなので、色がばらばらです。まあ、自分で使う分には全然気になりませんから。
 でも、たかがTシャツでここまでひっぱるかーと思われそう・・・

内側
[PR]

by thousand-spring | 2006-07-05 21:20 | リメイク・ソーイング